現役銀行員の銀行業務相談所

現役銀行マンが個人向けローンから事業融資、投資商品等の金融商品についてわかりやすく説明します。ご質問・アドバイスも承ります。

銀行のフリーローンは審査が甘い?誰でも審査が通る消費者金融は最後の手段!

皆さんこんにちは。

最近は、金融庁から規制のメスが入り始めましたが、利便性や訴求性の高いフリーローンは依然として人気の商品です。

今回は、銀行のフリーローンが貸金業者(アコムやプロミス等)に比べ、お勧めできる点について解説していきます。

f:id:tapisuke:20200307150407j:image

フリーローンは銀行がおすすめ!実はおまとめローンも組める!

フリーローンの基本

近年のマイナス金利政策により、貸出金利が歴史的な低水準にある中、銀行が(こっそり)力を入れているのが、フリーローン(多目的ローンという金融機関もあります。)です。

なぜかというと、フリーローンは借りる時に資金使途、つまりなんのために使うお金かを銀行に申告しなくても良い代わりに高めの金利を設定している商品だからです。

極端に言えば、「お金が借りたい」と一言伝えて申し込みをすれば、融資を受けることができる可能性があると言うことです。

つまり、銀行にとってもリスクが高いため、リスクへの対価=金利はたくさん貰いますよ、と整理しているのです。

 

フリーローンは事業資金も借りることが可能!

フリーローンは資金使途を限定しませんので、事業資金も借りることができます。

借入が可能なのは運転資金や設備投資資金となります。

ただし、開業資金は対応できない金融機関もありますので、注意が必要です。

 

銀行のフリーローンは意外と審査が甘い

上記で解説したように、リスクが高い商品ですので、「審査も厳しいのか」と思われる方もいらっしゃいますが、意外と銀行の審査は甘いです。

正確には、「債権(貸出金)を保証している保証機関(オリコや三菱UFJニコス等の会社)の審査が甘い」ため、保証機関の審査さえ通っていれば、貸出側の銀行はほぼノーリスクで融資を行うことができますので、フリーローンに積極的なのです※。

※マイカーローンや教育ローン等も同様に保証機関ほ保証がつきます。

また、フリーローンは銀行にとって貴重な収益源ですので、高金利であればあるほど、積極的に売り出したいと考えていますから、審査が厳しくなるわけがないですよね。

ちなみに、債務者(借主)が直接関わることはありませんが、保証機関とは、銀行が債務者に行った貸出の返済できなくなった時に、債務者に代わって貸出金を返済する会社です。

これを代位弁済と言うのですが、代位弁済がなされると、保証機関は代位弁済した貸出金をリスケ(返済しやすいように整理すること)して、債務者に返済を促していくことになります。

 

審査のポイント

銀行や保証機関が審査しているのは、確実に返済ができるか否か、の一点のみです。

ですので、年収がある一定の基準を超えていれば、簡単に審査がおります。

年収の基準は銀行により異なりますが、100万円から150万円程度が多いと思います。

その他にも、年齢や他の金融機関での借入状況により、審査結果は判断されますが、よほど高齢だったり、多重債務を抱えているわけでなければ、問題なく審査を通過すると思います。

 

審査が甘い商品は金利が高い

審査が甘いフリーローンは、金利が高い商品がほとんどです。

なぜなら、上述したとおり、金利はリスクへの対価ですので、銀行も保証機関も属性があまり良くない顧客には金利(保証料率)を高めに設定するからです。

もちろん金利は金融機関によって違いますが、10.0%〜14.5%程度となることが多いです。

14.5%とは、利息制限法の定める上限金利ギリギリですので、かなり高い金利であると言えるでしょう。

しかし、審査はかなり甘いため、パートやアルバイトでも審査が通過したり、借入金額も500万円程度とそれなりに大きな金額を借りたりすることができます。

 

金利が低いフリーローンは審査が厳しい

一方、金利が低いフリーローン商品は、審査が厳しいことが多いです。

上記の高金利商品に比べ、5.0%から10.0%以下と非常に低い金利で借入をできる可能性がありますが、正社員であることや、年収が150万円以上なければならない等の条件があることが多いです。

ただし、10万円〜50万円程度の少額融資は高額の融資と比較して銀行にとってはリスクが低いため、仮に属性が悪くても低金利が適用される可能性があります。

 

使い道が決まっていれば目的型ローン(多目的ローン)も検討すべき

フリーローンは特定の使い道が決まっていない(様々な用途に使いたい)または、使い道を銀行に話したくない場合に利用する商品です。

一方、結婚式費用や旅行費用などの資金使途が決まっている場合は目的型ローン(金融機関によっては、多目的ローンの場合もあります)がおすすめです。

目的型ローンは、銀行に何のために使う資金なのかを伝える代わりに、フリーローンよりも低金利で融資を受けることができます。

ただし、金利が低い分、フリーローンに比べると審査は厳しいので、注意が必要です。

 

フリーローンの申込の必要書類

フリーローンの必要書類はマイカーローンや教育ローン等の他の小口ローンに比べ、非常に少なくなっています。

具体的には、以下の2点があれば問題ないでしょう。

本人確認書類…免許証やパスポート、個人番号等※

収入確認書類…源泉徴収票(給与所得者)

                         確定申告書及びそれに付随する付表(個人事業主)

 

審査のスピードはその他の小口ローンと変わらない

審査結果が出るまでにかかる期間は、最短当日ですが、顧客の属性(年収や勤務先等)によっては数日かかる場合もあります。

後述する消費者金融に比べると審査には、時間がかかるでしょう。

 

消費者金融からの借入は最後の手段に

消費者金融のメリット

審査スピードが早い

消費者金融界の業者の特徴は、とにかく審査のスピードが早いことです。

最短30分程度で審査がおりますので、突然お金が必要になった時には、最大のメリットとなるでしょう。

 

消費者金融のデメリット

金利が高い

消費者金融系の業者は、最高金利が18.0%と利息制限法の上限に設定されています。

ですので、高年収や大企業勤務等の属性の良い顧客を除き、金利が高めに設定されることが多いです。

総量規制による借入額の規制がある

総量規制とは貸金業法の1つで「年収の1/3以上の借貸出を行わない」という内容です。

これは、貸金業法なので、消費者金融に対して適用されます。

アコムやプロミス等は消費者金融業者なので総量規制の対象となります。

例を挙げると、年収300万円の人なら100万円が借入の限度額となり、自身の年収に応じて借入額が決まってしまうため、注意が必要です。

なお、銀行によっては、法律による縛りはないのですが、独自で総量規制を導入している場合もあるので注意しましょう。

 

まとめ

フリーローンは利便性が高い反面、金利が高く設定されている商品です。

金利が高ければ、返済負担も高くなりますので、借りる際には、必要金額や返済スケジュール等をよく検討してから行うようにしましょう。

クリックしていただけると喜びます!Twitterフォローやブクマもよろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村