現役銀行員の銀行業務相談所

現役銀行マンが個人向けローンから事業融資、投資商品等の金融商品についてわかりやすく説明します。ご質問・アドバイスも承ります。

CLOショックはリーマンショックの再来か?銀行(金融機関)はどうなる?

皆さんこんにちは。

世界各国でバブルが崩壊したかのような株価の乱高下が起きていますが、今後のアメリカでは、実際にバブルの崩壊が起こる可能性があります。

最近は銀行についての記事を書けていなかったので、今回はアメリカのとあるバブルが弾けた場合、金融機関がどうなってしまうのか考察していきたいと思います。

f:id:tapisuke:20200315224557j:image

 

リーマンショックの再来でアメリカのバブルが崩壊?

CLO(担保付ローン証券)を原因とした第二のリーマンショックが起きる可能性がある?

CLOとは、Collateralized Loan Obligationの略称で資産担保証券(ABS)の一種です。

和訳はローン担保証券といいます。

これだけ聞いても意味は全くわからないと思いますので、もう少し噛み砕いて解説すると、

「金融機関が企業等に対して貸し出している貸付債権(ローン)の元利金を担保(裏付け資産)として発行される証券のこと」をいいます。

 

現在のCLOバブルはリーマンショック直前の状況にに酷似している

リーマンショックの直前には「サブプライム(信用度が劣る)ローン」という所得が低い人たち向けの住宅ローンを集めて1つにまとめた金融商品アメリカで多くつくられました。

当時のアメリカは住宅バブルだったので、この金融商品は量産されて世界中の銀行や証券会社、投資家が次々に購入していました。

しかし、サブプライムローンは結局のところ、返済能力の低い人たちに向けたローンのため、次第に延滞が増加していきます。

そして、過剰な住宅の建設により、住宅供給も飽和状態に達し、買い手がつかない家が増加しました。

また、頼みの綱の地価や不動産価格も暴落し、たくさんのローン利用者が家を手離さざるを得ない状況になります。

ローンが返済不可能になると債券は不良債権化し、ただの紙切れとなります。

結果として、各地でサブプライム問題が一気に表面化するとともに、世界経済に大打撃を与えてしまったのです。

 

CLOは、上記のサブプライムローンが企業向けの融資に変わっただけであり、証券化商品で商売する金融機関と、それを買う機関投資家が、共に他人のカネを扱っていて当事者個人は無責任でいられる点は全く同様です。

ですので、アメリカの景気が後退し、企業の業績が悪化すれば、返済が滞り、リーマンショックのような、株価の大暴落が起きる可能性があるのです。

 

CLOがバブル化する仕組みとは

日本の銀行は世界的に見ても、代表的なCLOな買い手となっています。

その理由は、マイナス金利政策による国内債券市場の価格低迷や米国債券市場の価格低迷等を受け、利回りの高い債券型商品を組み込んだポートフォリオへ移行していたからです。

特に投資残高が多いのは、農林中央金庫やゆうちょ銀行等の普通銀行以外の金融機関です(まさに自分の勤め先なので勘弁して欲しいのですが…。なお、私は資金の運用部署ではないので内部事情は全く知りません。)。

ですので、バブルが崩壊すると、最も影響を受けるのは日本となることから、金融庁も危機感を持って検査に臨んでいます。

参考: 金融庁が3メガ銀や農林中金など一斉調査、CLO投資で

 

そのスキームを解説すると、以下の通りとなります。

(1) 米企業が社債を発行し、金融機関が買い取る(または、金融機関が企業は融資を行う)
(2) 低信用度の社債や債権を金融機関がCLOに編成して販売する
(3) CLOを低金利で資金の運用難となっている機関投資家(日本の金融機関等)が買う
(4)社債の発行等により資金を調達した企業は自己株買いを行い、株価を上げて株主に報いる
(5) ストックオプションを持っている企業の経営者も儲かる

上記のスキームは、企業の経営者、金融機関、機関投資家の3者が儲かるので歯止めがかかりにくいため、強固なバブル形成プロセスといえます。

 

FRBによる利下げがさらなるCLOの膨張を助ける可能性がある

アメリカではトランプ大統領からの要請もあり、FRB(連邦準備理事会)が利下げに動いています。

また、今後もさらなる利下げが行われることが見込まれています(2020年3月15日にFRBは1.0%の緊急利下げを行いました。)。

利下げが行われると借入金利が低くなりますので、投資や消費が伸び、景気は良くなります。

しかし、利下げにより、企業の借金がさらに膨らめば、結果として、 CLOのリスクをさらに高める可能性があります。

これは単純に、金融機関が中小企業向けの社債発行や貸出を増加させることにより、CLOの販売が増加するからです。

CLOの販売がさらに加速すれば、リーマンショックを超える金融危機となる可能性もあり、大変危険な状況といえます。

私個人としても、過剰な利下げは行うべきではないと思っています。

 

まとめ

ただでさえ、現在の世界各国の経済はコロナウイルスによる大打撃を受けています。

今後、その影響を受けて、経済が後退することにより企業の業績が悪化すれば、融資の返済が滞り、リーマンショックと同様、「CLOショック」が起こりかねません。

その場合は、リーマンショックを超える大規模な金融危機となる可能性もあります。

金融機関レベルで危機感を持って対処にあたって欲しいところです。

 

 

クリックしていただけると喜びます!Twitterフォローやブクマもよろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村